脱毛に関する、よくある質問をまとめました

脱毛サロン・クリニック全体について

肌が弱くても脱毛できる?

肌が弱くても脱毛はできます。

カミソリなどでムダ毛の自己処理を行うと、肌を痛めトラブルの原因となりますので、肌が弱いこそ、脱毛してしまう方がおすすめです。

脱毛の肌ダメージが心配な方は、肌に優しい脱毛方式の脱毛サロンを利用することをおすすめします。

SHR方式 → ラココ

脱毛に向かない人は?

過度の日焼けをしている場合、脱毛希望部位の皮膚に湿疹などの異常がある場合、妊娠・授乳中の方などは条件が整うまでは脱毛をやめておいたほうが良いでしょう。

また、脱毛期間中は紫外線などは避けた方がいいので、日光に当たる可能性のある時期もやめておきましょう。

脱毛できない部位ってある?

粘膜面、喉元、目の周りなどは脱毛できませんが、それ以外は脱毛可のです。

ただし、顔については脱毛サロン・クリニックによって扱う範囲が違う場合があるので、始める前に確認しておきましょう。

 

医療脱毛に対する疑問・質問について

レーザー脱毛は安全?

医療用レーザー脱毛は、医師の管理下で正しく行われていれば、人体に悪影響をおよぼすことはありません。

軽いやけどや色素沈着などのリスクはありますが、カウンセリングをしっかり行い、個々の肌質や毛質に合わせて最適なレーザー照射条件を細かく調整し、有資格者が丁寧に施術することで安全性は更に高まります。

レーザー脱毛の痛みは?

レーザー脱毛は痛いという印象ですが、我慢できないほどではありません。

エステ脱毛よりは少し痛みは強くなりますが、それよりも部位により違いのほうが大きいです。

心配な方は、実際に脱毛を始める前にテスト照射やお試しプランなどを受けて様子を見ておきましょう。

痛みに弱い方には、事前に相談しておけば照射レベルを落としてくれたり、クリニックなら痛み止めなども処方してもらえます。

また、最近では痛みの少ない脱毛機や脱毛方法も新しく開発されています。

ほとんどのエステやクリニックの脱毛は、我慢できる程度の痛みだと思いますが、特に痛みを感じないと評判なのは、

脱毛サロン・クリニックでしたらディオーネ、ストラッシュ、

クリニックでしたらリゼクリニックが痛くないと評判です。

痛みを感じやすい条件としては、

  • 毛が濃くて太い
  • 肌が乾燥しているなど肌のコンディションが悪い
  • 皮膚が薄く敏感、粘膜に近い部位

などです。

そのため、

ワキやVIOなど毛が太くて密集している部位はエステなどの痛みが少ない脱毛で量を減らしたり、毛質が柔らかくなってから、医療脱毛に移行する、日頃から肌のコンディションを整えるようにスキンケアを怠らない、などの工夫で痛みを和らげることも可能です。

 

 

コメントは受け付けていません。