一口に「脱毛」といっても、脱毛方法には様々なものがあります。029
脱毛効果、期間、金額、痛み、手軽さ、
それぞれの脱毛法には一長一短があります。

特徴を知った上で、自分にあった脱毛方法を選択するようにしましょう。

一般に行われている脱毛方法を紹介します。

 

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛とは、カメラのフラッシュのような光をあてて脱毛を行うもので、光脱毛とも呼ばれます。
光は黒いもの(ムダ毛)にだけ反応するため、肌へダメージを与えることなく、毛を熱処理して再生をとめます。
一瞬ピリッとする程度で痛みもなく、副作用もありません。
脱毛方式の中では、もっとも安全で肌に負担をかけない脱毛方法で、手軽で安価なため、現在では主流の脱毛方法です。
主に、エステや脱毛サロンなどで行われています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、黒または茶色に吸収されるレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与えて脱毛する、脱毛効果の高い方法です。
脱毛効果が高い反面、脱毛時には強い痛みを感じることもあり、肌が軽いやけど状態で赤くなることもあるので注意が必要です。
主に医療機関で行われ、サロン脱毛よりも高額です。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に専用針を刺し、電流と高周波熱で毛根を破壊する脱毛方法です。
以前は、主流の脱毛方法でしたが、現在ではほとんど行われていません。
脱毛効果は高く、永久脱毛ができますが、痛みが非常に強く、時間も非常にかかる方法です。
そのため、途中で挫折してしまう方も多いようです。
サロンでも行われていましたが、麻酔などもなく、冷却で痛みを緩和させながら行います。

家庭用脱毛器での脱毛

家庭用脱毛器での脱毛は、手軽に行うことができますが、自分で手の届かない部位があったり、時間がかかったりする点が欠点です。
家庭用脱毛器は、脱毛器のスペックに大きな差が有り、それにより効果も様々ですが、きちんとしたものは効果も高いようです。
しかし、製品によっては、逆に育毛効果が出てしまう、付属の消耗品代に費用がかかるという場合もあるので注意が必要です。
使用方法や手入れを間違えると、肌にダメージを与えるなどの不安があります。